FC2ブログ
コメント
トラックバック
カレンダー
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05月 « 2017/06 » 07月
ケンサク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
昔話#4
もう、何年も交流は無いが
当時 付き合っているでもなく かといって ただの友達でもない
とても親しくしている女性(D)がいた。





まあ、一緒に飯を食いに行ったり 酒を飲みに行ったり
お互いヒマならドライブに行ったり、まあそんな関係。
でも、肉体関係は全くなかった。

ある日 ふとした話題から性的な話しになり
んじゃ ホテル行く?と冗談めかして聞いたら
意外にあっさりとOKの返事が返ってきた。
って事で 早速ホテルへGO。

ホテルに入り 少し雑談をし 話しがつきかけた頃に
彼女にお風呂を勧める。さすがに一緒に入るほど親しくは無い。
彼女があがってきた後で 入れ替わりに僕が風呂に。

僕が上がると彼女はベッドに入りテレビを見ていた。
僕もいそいそとベッドへ。
最初は布団の中でイチャイチャw
お互い 友達 という関係が長く続いたせいか かなり恥ずかしかったが
身体が反応し始めると 恥ずかしいという気持ちはどこかに消えていた。
彼女もかなり積極的で 僕のナニを咥えて離さない。
二人とも我慢できなくなり、前儀もソコソコにインサート。
正上位で腰を振りながら彼女を上から見下ろしていると
彼女が下から手を伸ばし僕の首に絡め 抱きついてきた。
僕は彼女に引き寄せられ覆い被さるように身体を伏せる。

そして そのままキス
激しく舌を絡め そのまま首筋 鎖骨 乳房へと舌が滑る。
乳房まで下がり いよいよ乳首へと舌が移動。
まずは左側の乳首。彼女は細身だが形の良い少し大きめのバスト。
ほんの少し小ぶりの乳輪と乳首は文句なしに最高だ。
左側の乳首を堪能した後 右側へ移動し、
乳首を口に含んだ時に事件は起こった。

毛が口に入った…
気になってしかたなかったので、一度乳首から口を話し
舌で口の中を探るが そんなものはどこにも見当たらない。
まさか指を入れて探るわけにも行かず必死だ。やっぱり無い。
諦めて再び彼女の乳首に顔を近付けたその時だった。

Σ( ̄ロ ̄lll)

とてもビューティフルな彼女の乳輪から 黒いものが一本…
そう、いわゆる乳毛である。
良く、福毛とか、幸福の毛といわれる 産毛のような
透明で細くて長い毛は稀に見かけることはあるが
まるで陰毛のような 剛毛と呼ぶに相応しい平らでカールがかった
見事な乳毛は 男性でもそうお目にかかれるものではない。
そんな見事な毛が 一本… 彼女の乳輪から生えていた。
それも、長さ的には5センチはあろうかという超ロング…
愕然としたのは言うまでも無い…

顔も可愛いしスタイルも抜群。
胸の形もお尻のしまり具合も文句なし。
なのに何故 乳輪から一本 毛が生えているのか…

上になり、腰を振りつつも 何も言わず抜いた方がいいのか、
彼女に告げるべきか それとも我慢するべきか…
それにしても 目立つ…
そんな事を考えているうちに萎えてしまい 中折れ状態となった(泪)

どうしたの?と聞く彼女に笑ってごまかしたつもりだけど
その時の顔は きっと引き攣っていたに違いない。

以来 彼女とは気まずくて連絡を取っていない。

しかし、あんな目立つ所に毛が生えているのに
何故 彼女は気付かないのだろう…
身体を洗う時、ブラを着ける時 確認しないのだろうか…
鏡を見ないのだろうか… 謎だ。
彼女のあの毛… 一体どうなったのだろう…
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

雑記 | 23:53:00 | Trackback(-) | Comments(-)
プロフィール

透徹

  • 書いてる人: 透徹
  • 年齢他諸々: 36歳 既婚 ♂

    お気楽ご気楽な快楽先行型のS&M。
    でも今はSも出来るMって事で^^;
    とにかく猛烈に相方募集してます。だれかメール頂戴っっ!!

    追記:太ってて、髪が薄くて、ブサイクで、ホーケーで、オシャレじゃなくても全然平気!って言うマニアでキトクな方限定ですw
    決してイイオトコではアリマセンのであしからず。
  • 透徹にメール
  • 管理者ページ
  • RSS
ブログピープル
マイブログリスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。